【銀座】江南春「タンタン麺定食」(¥750)

2018/5/17(木)。


狙っていたお店が混んでいたため、14:00過ぎ、相当久しぶりに銀座「江南春」さんへ。

階段を下りて扉を開けると、広々していて天井の高い店内は7割方の入り。驚いたのは客層について。5年近くご無沙汰している間に、中国人観光客(?)ばっかりになっていた。銀座界隈、以前に比べ、「爆買い」中国人が少なくなったなあと思っていたが、いるところにはいたわけだと知る。後客も日中それぞれちらほら。


さて案内された2人掛けテーブル席に座ると、お水と同時に、クコの実が1つ載った杏仁豆腐が登場。このタイミングでメニューから、口頭で「タンタン麺定食(店内メニュー上の表記はタンタン面)」(¥750)をお願いする。


まずは、杏仁豆腐と同じサイズの器に盛られたレタス、キュウリ、千切りダイコンやニンジンのサラダが到着。卓上のごまドレッシングをかけて先に食べ始めていると、その後、5分くらいしてメインも到着。


タンタン麺の具は肉みそ、モヤシ、チンゲンサイ、刻んだ白ネギ。スープ自体には辛味や痺れはなく、肉みそを溶くことで、みそラーメンからタンタン麺へと進化する印象。街中華のお手本みたいなものですかね。普通に美味。麺、モヤシはやや固め。


一緒に付いてきたミニチャーハンの具はチャーシュー、卵と、こちらも教科書通り。作り置き感満載だったけど、あるだけ有難し。


タンタン麺の器がでかかったため、スープまで完飲とはいかなかったのが心残り。「本場江南地方の味」をうたっているけど日式中華だよなぁと思いつつ、わざわざ日本に来た中国人観光客で賑わっているということは実はやはり本場の味なのかと思いつつ。まぁ、本場は汁なしなんでしょうけど。


杏仁豆腐で口直しし、伝票代わりに置かれたプラスチックのコインを持って、出入口近くのレジでお会計。13:00以降はコーヒーのサービスがあるけど、料理食べるのに時間がかかってしまったので、この日はパスした。


ごちそうさまでした。

●江南春「タンタン麺定食」¥750


コスト・・・★★★★★
パフォーマンス・・・★★★★★
総合・・・★★★★★
→満足。


お水はお願いすれば注いでいただけるはず。


平日ランチタイムは11:30~14:30。ラストオーダーも14:30。

【築地市場】長生庵「ヒメコ鯛と穴子の天もり」¥1600

2017/5/15(火)。

慣れてしまえば温そばでもいいのだけれど、本格的に暑くなり始める梅雨入り前くらいの時季は、つい冷そばを求めてしまうわけで。ということで14:00少し前、ずいぶん久しぶりに築地市場「長生庵」さんへ。

店内はほぼ同時入店の方含め、先客4人、後客5組6人。グループ客が出て行った後だっため、比較的空いていたので相席とならずに済んだが、後からやって来た人の中には相席となっている人もいた。

席に案内され、店頭に貼ってあったこの日のメニュー「ヒメコ鯛と穴子の天もり」(¥1600)を、そばと細うどんから選べる麺は、そばでお願いする。

5分少々で料理が到着。天ぷらは、半分に切られた穴子1本、ヒメコ鯛、そしてミョウガ半分とインゲン。そしてもりそば、そばつゆ、別皿で白ネギ、大根おろし、ワサビ。

店によってはこれだけで¥1500くらいするのではという立派な穴子天は、間違いなく美味。半分は塩で食べても良かったかなと後悔したものの、それだとお酒飲みたくなってしまうしなぁと考える。基本、毎日お酒飲んでるけど、出勤日の昼から飲むようになったらアルコール依存症ですよね。気を付けなければ。

恐らく人生で初めてのヒメコ鯛は、ふわっとした食感がとても良し。調べてみたら、マダイよりはアマダイに近いビジュアルの魚だった。食べた印象としてはイシモチ(シログチ)に似ているのかも。ミョウガ、インゲンも、いい仕事をしていた。

食後、そば湯をいただいたので、そばちょこに注いで余韻を味わい、完食。伝票を持って店奥のレジにてお会計。

ごちそうさまでした。

●長生庵「ヒメコ鯛と穴子の天もり」¥1600
東京都中央区築地4-14-1
コスト・・・★★★★★
パフォーマンス・・・★★★★★
総合・・・★★★★★
→ちょっと高めだから普段使いはできないけど、コストに十分見合うだけのパフォーマンスだと思う。

お水はテーブルごとにポットあり。

平日ランチは7:00~15:00(ラストオーダー)。混雑時は相席に。

エサはあげないでください

灰皿は店外、カメ吉横。

富士そば「春菊天」¥420

2018/5/11(金)。

14:30ごろ、「富士そば」さんへ。

券売機で「春菊天」(¥420)を購入し、カウンターにて口頭で、「温かいそばで」と注文する。ファストフードチェーンの値上げが相次ぐ中、こちらはお値段据え置きだった。よかったよかった。

店内は先客2人、後客もちらほら。待ち客はいなかったため、すぐに料理が到着する。

丼には春菊天、ワカメ、刻んだ白ネギ。

たまにこの、もっさりとした春菊天が食べたくなる。少量とはいえ、ワカメがあるのもありがたい限り。終盤、卓上の七味を掛け、完食。

ごちそうさまでした。

●富士そば「春菊天」¥420
コスト・・・★★★★★
パフォーマンス・・・★★★★★
総合・・・★★★★★
→満足。

お水はウォーターサーバーあり。